長崎中材業務研究会

『 中材業務における質の向上と日常での不安や疑問点の解決の場所を提供する 』をもとに、セミナーを通じて皆さんと学び、意見・情報交換を行いたいと思っています。

第25回セミナー アンケート集計結果

25回長崎中材業務研究会セミナー(H28,7,16)アンケート集計結果
             参加人数47名  アンケート回収数43
 
※無回答は掲載していません。
1. あなたの施設のベッド数は?(回答数・%)
①入院ベッド無し1名・2%)  ②19床以下0名・0%)  ③20999名・21%)  
10019910名・24%)  ⑤200床以上22名・51%)
2. あなたの職種は次のうちどれですか。(滅菌技師の方は⑥にも○をしてください。)
①医師0名・0%)  ②看護師30名・70%)  ➂看護助手11名・26%)  ④委託業者1名・2%)  ⑤その他1名・2%)  ➅滅菌技師2名)
3. 今回のセミナーは、どのようにしてお知りになりましたか。
セミナーのチラシ23名・53%) ②メーカーから聞いて7名・16%) ③知人から聞いて2名・5%) ④前回セミナーに参加して7名・16%)
⑤その他3名・7%)(職場からの要請、ホームページ、スタッフから誘われた)
 
4. 滅菌包装材ついてお聞きします。
1) あなたの施設で使用されている滅菌包装材は次のうちどれですか?(複数回答可)
①不織布32名)  ②滅菌コンテナ35名)  ➂滅菌バッグ42名)  ④滅菌ラップ材8名)  
⑤カスト缶18名)  ➅ その他0名)
2) あなたの施設において、滅菌バッグ利用のさい、必ず注意している事をお聞かせ下さい。(複数回答可)
①滅菌バッグのシール確認38名) ②包装内容物の容量・サイズに余裕を持つこと34名) ③適切な設定でのシーリング24名)  ④滅菌時の適正な積載25名)  ⑤適正な環境での保管24名)  
⑥その他2名)(滅菌後のシミ等のバッグ状態の観察、ゴミなど異物混入、乾燥不良等 )
3)  滅菌包装材のことで、今後改善したいことがありますか?また講演1で役立ったこと・質問などもありましたら、ご記入ください。
・滅菌コンテナのメンテナンスの徹底を行いたい。
・正しい包装の仕方など、とても役に立ちました。
 
5. 滅菌保証についてお聞かせ下さい。 
1) あなたの施設で実施している滅菌保証をお聞かせ下さい。(複数回答可)
  ①PI30名) ②CI38名) ③BI36名) ④PCD11名)    
2) 自施設の滅菌保証は安全であると思いますか?
  ①はい24名・56%) ②いいえ1名・2%) ③どちらとも言えない3名・7%) 
④わからない15名・35%)
3)  4-2)②➂とお答えになられた方にお聞きします。その理由はなぜですか?
・温度、湿度を保持できている保管庫では安全と思うが、各手術室に置かれている器材は、手術時以外は空調を切っているため、保証できていない可能性がある。
→季節によっては、空調をかけ温度・湿度を維持出来るようにするのが安全であると思います。しかし、現状保管庫がない施設では、コストなどの面から、できない施設が多々あると思われます。当研究会でも、中小施設での管理体制など調査し、更に現状把握した上で、考えていきたいと思います。貴重なご意見ありがとうございました。
 ・CIでの確認しか行っておらず、ボーイディックも行っていないため。
 ・滅菌中にバッグが十分膨らみ、破袋してないとは言い難いため。
4)  今後改善したいことがありますか?また講演23で役立ったこと・質問などもありましたら、ご記入ください。
 ・PCDの事を自部署に持ち帰り、参考にさせていただきます。
 ・バッドのみの滅菌方法等を自施設でも検証したいと思いました。
 ・PICIBIPCD全て行っているので滅菌保証出来ていると思うが、その後の管理をしっかり行っていきたい。
 ・ボーイディックの工程を知れて良かった。
 ・CIのタイプ分類等とても役に立ちました。また蒸気浸透性の実験もとても良い参考になりました。
  
6.  研究会に関するご意見、セミナーに関するご要望などありましたらご記入ください。
 ・有意義でした。 
 ・資料がとても見やすかったです。